認定講師限定ページ

LECTURERS ONLY

収入プランについて

JSBCではセミナーや実践を通して様々なビジネスの基本となるスピーチ力、コミュニケーション能力をつけることができます。またスピーチ力をつけることで講師として活躍の場をご用意しています。

講師契約を結び認定講師となった場合は、JSBCが定める講師業務を行い、その対価として報酬をお支払いさせていただきます。
(※業務の対価ですので、何もせず収入が入るわけではありません)

報酬の内容としては

  • 講師料
  • 独立支援金
  • ③ アシスタント料

の3つの報酬があります。

① 講師料

講師料はご自身が講師としての資格を保有し、JSBCで講師として活躍されている際に月額で支払われる報酬です。
こちらはご自身の講座の受講生人数+講師自身 ×1.5万円をお支払いします。

< 報酬例 >

図の場合は以下の報酬となります。

・人数(11名)[講師自身受講生10名+講師自身]
11名 × 1.5万 = 16.5万

② 独立支援金

独立支援金は講師として講演されるだけではなく、皆様が講師を育成された際に講師1人につき毎月10万円をお支払いします。

< 報酬例 >

図の場合は以下の報酬となります。

・講師を2名育成
2名 × 10万 = 20万

③ アシスタント料

独立された講師をアシストされる場合に、その講師の受講生の人数 × 1.5万円をお支払いします。
※自分が直接育成した講師の範囲に留まります。
 自分が育成した講師が、さらに育成した講師については収入の範囲とはなりません。

< 報酬例 >

図の中の講師1名に、受講生が10名いる場合

・人数(11名)[講師自身+受講生10名]
11名 × 1.5万 = 16.5万

特別ルール

・ラインチェンジ

自分の上の講師2人の了解が得られればラインチェンジが認められる。

・講師要件(直接の受講生5名)を満たさなくなった場合、1本受講生の権利を買える。

自分の講座の中で、他に講師がいた場合は講師の人数に応じて権利を変える。
(例)1名講師がいた場合、2本分権利を変える。

オンラインサロン会員について

月額1万(税別)で通常会員から限定グループの使用ができるオンラインサロン会員になれる。 ただし、受講生数には含まない。 この場合再度受講生に復帰する場合、入学料を免除とする。